コミュニケーションには傾聴が重要です

コミュニーケーション能力が低い人達の住む世界をイメージする

傾聴が大切である理由について知るためには、コミュニケーション能力の低い人達がいる世界をイメージすれば見えてくる話でしょう。その様な世界では、他人の声に耳を傾けない人ばかりであるため、自己主張ばかり発する人々ばかりの世界になるはずです。 自己主張の高い人々とは、己に対して意識が高まり過ぎている特徴もあるはずです。そのため、手を取り合って歩む思いも小さく、共同作業が苦手な場合もあるでしょう。独断偏見な考えは、周りとの価値観のズレも生じやすく、社会的な価値を自ら失ってしまう場合も現れやすくなります。 逆に言えば、コミュニケーション能力が高く、傾聴する意思の高い人材は、逆の良い作用が働きやすくなるはずです。他人に対して意識が高まりやすく、手を差し伸べる思いも現れやすくなるでしょう。会社にとっては、会社を良い方向へと歩みさせてくれる貴重な人材ともなるはずです。

傾聴力が弱まっている現代に見られる特徴とは

従来に比べると、人々のコミュニケーションにおける傾聴力が弱っているとされています。その主な原因は、文明の発達によって与えられる姿が増えた背景と、コミュニケーション不足の孤立化が挙げられます。

一見、傾聴とは、聞き手が受け取る側の姿ですが、相手の話しを聞く姿勢としての思いやりを相手に与えなければなりません。人々の孤立化は、自身の存在を認めてもらいたい中で、傾聴と反する自己主張も高まりやすくなるでしょう。

コミュニケーションにおける傾聴の大切さは、多くの人は自覚できません。なぜならば、自身に意識が高まり過ぎている人々が増えているためです。会社内におけるリーダー的な存在には、部下を引っ張る存在として欠かせない能力ではないでしょうか。社員研修で、大切さの認識を学ぶ必要性があり、体を使ってのトレーニングも必要でしょう。頭では理解できても、トレーニングしない限り、人の心は簡単には変えれないためです。

© Copyright Improved Morale & Productivity. All Rights Reserved.