手順を守るのは作業者の意識です

品質管理は会社の命です

どんなに有名で営業活動が優秀であっても顧客に届く商品やサービスの品質が良くないものであれば、売上が減少し会社の経営は行き詰まってしまうでしょう。品質管理は会社の命でもあるのです。
自社が創り出す商品の品質に関するクレームがなくならない、品質に対する従業員の意識を高めたいが何から取り組んでよいのかわからないなどの問題を抱えている方は多いのではないでしょうか。
このような問題を改善するための方法に品質教育があります。品質教育とは、不良品を創り出さないために行う、従業員に対する意識改革やスキル教育のことを言い、特に従業員の品質に対する意識改革に重点がおかれることが多いです。従業員の品質に対する意識が低いと不良品を出しやすいのです。

品質教育で手順を守ることの大切さを伝える

製品を創り出すための優れたスキルや手順があるにも関わらず、品質に関するクレームが減らないということがあります。どうしてこのようなことが起きてしまうのでしょう。それは従業員の品質に対する意識が低く、定められた手順が守られていない場合に起きることが多いです。
例えば、納期に間に合わせようとして従業員が塗料を5回塗るという手順を3度にして出荷してしまい顧客からクレームが来た場合、この従業員の品質意識は低いと言えます。品質教育をして意識を高める必要があります。
品質に対する意識を高めるための基本的な方法は、この商品によって誰がどのように喜ぶのか、作業者が手順を守ることでどんなメリットがあるのかなど全体の中での自分の役割を俯瞰してもらうことです。
品質教育は会社の生命線であり、従業員個人の人生を豊かにするものでもあるのです。

© Copyright Improved Morale & Productivity. All Rights Reserved.