仕事はチームで行うものです

チームで行わない仕事は、どの様な結果を招いてしまうのか

社員教育において、チーム性を目的とする様なコミュニケーション能力を高める研修が盛んに導入されています。チームで行う仕事の大切さを知るためには、逆に、チームで行わない仕事に対して考えれば見えて来るはずです。

従来の考え方の中には、社員同士を競わさせ、一匹狼化させるのが主流でした。現在でも、その名残のある企業もあります。出来る人間のみに大切な仕事を与えていてばかりでは、その人材を失った時の企業の損失は多大な内容となるでしょう。情報が共有化されていないため、歪むが生じやすく、トラブルの元にもなるはずです。不備な部分を指摘し合う環境も無く、企業の成長に限りが見えて来ます。

何よりも、三人集まれば文殊の知恵と言う言葉がある様に、チームは新たな創造性を高める効果もあるのです。現在の社員教育は、コミュニケーション能力を高める課題が重要視されています。

チームは縦の流れを良くする働きもある

昔の職人は、弟子を取る中で師弟関係を築き上げていました。師から弟子へと仕事を教える事で、弟子は仕事をマスターして行ったのです。現在の若者の中には、横の繋がりが強すぎる中で、縦の関係について馴染めない人々も増えています。横の繋がりが強い場合は、上手く仕事を教える事ができず、仕事の運営に支障をきたしてしまう場合もあるでしょう。

社員教育におけるコミュニケーション能力を高める目的には、縦の繋がりを強化させ、仕事の運営力を高める目的などもあります。これは、若者へだけの教育目的ではありません。上下関係の強い繋がりは、上から下へのみならず、下から上へとの情報交流も盛んになるはずです。若者世代における世界観を知るきっかけともなり、企業のサービス改善に役立ててくれるでしょう。

社員教育でのチーム取組みは、仲間としての目的が明確化しやすく、働く士気を高める効果もあるはずです。

© Copyright Improved Morale & Productivity. All Rights Reserved.