コミュニケーションを十分取りましょう

新入社員に欠かせないコミュニケーション能力教育のポイント

新入社員が職場の中でしっかりと自分の役割を認識して仕事に取り組むためには、コミュニケーション教育を欠かさずに行うことが重要となります。特に、高いコミュニケーション能力が求められる営業職や総合職の新入社員に対しては、数か月以上にわたる段階的な教育のプログラムを作成することも大切です。最近では、コミュニケーション能力教育を効果的に行うために、研修の機会にプレゼンテーションやパネルディスカッションなどを導入する企業も増えており、他者の成功事例に注目をしながら、人事担当者が中心となって慎重に計画を立てることがポイントです。なお、コミュニケーション能力には大きな個人差があるため、必要に応じて個別の研修を行うのも良いでしょう。

SNSを使ったコミュニケーション能力教育も効果的

社内で様々な部署の従業員と仕事を進めるにあたっては、最低限のビジネスマナーや協調性などが必要となるため、適切な時期にコミュニケーション能力教育を実施することが肝心です。最近では、社内SNSを活用してコミュニケーション能力教育を行っている企業の数も増えており、色々な考えを持つ従業員との相互理解のための方法として定着しつつあります。また、社内SNSをコミュニケーション能力研修に導入する際には、予め必要となるコストや教育効果について予測を立てることが重要となります。なお、コミュニケーション能力教育の方法は、企業の方針や職種、業務内容などによって大きく異なりますが、場合によっては外部の専門家にサポートをお願いすることもおすすめです。

新人研修は主に企業や団体に就職したばかりの職員が基本的な業務を覚え、こなせるようになることを目的として行われます。職場によっては名刺の交換や電話の取り方といった、ビジネスマナーを学ぶこともあります。

© Copyright Improved Morale & Productivity. All Rights Reserved.